東京海上日動あんしん生命 学資保険

東京海上日動あんしん生命の学資保険:こども保険

東京海上日動あんしん生命 「こども保険」は、小学校、中学校、高等学校、大学の進学時期に「お祝い金」が受け取れる学資保険です。

 

学資保険の特徴を分類すると大きく二つに分けられると思います。
一つは「保障型」、もう一つが「貯蓄型」です。

 

この二つの簡単な見分け方は、支払い保険”料”総額と、受け取れる保険”金”総額を比較して
保険料総額が多い場合は「保障型」、保険金総額が多い場合は「貯蓄型」とみてほぼ間違いないでしょう。

 

東京海上日動あんしん生命の「こども保険」は、全ての保険料の支払総額と、受け取れる保険金の総額とを比較すると、支払保険料の総額の方が多く、契約者(一般に父親か母親)に万が一があった時に育英年金が支給されたり、子供の医療保障が付いていますので、「保障型」といえるでしょう。

 

表現はきついですがわかりやすく書くと、毎月の保険料の累計とか総合計金額を下回る金額しか戻ってきませんので、学資保険としては元本割れになります。
ですが、保険料は額資金の貯蓄だけで無く「生命保険」としての保険料にも回されるのが子供保険なので仕方ない仕組みなのです。
生命保険+学資保険めいたものと考えれば、良い内容の保障と貯蓄でしょう。

学資金=お祝い金の受け取りが複数回

この商品の特徴としては、学資保険の部類になるので、小学校、中学校、高等学校、大学の入学時に祝い金が受け取れます。
ただ、この時必ず受け取らないといけないものではなく、小学校、中学校の入学時は自前で準備するので保険金必要ないと思えば、無理に受け取る必要はありません。

 

むしろこういった方法で実際にお金のかかる高等学校と大学入学時に多くのお金を受け取る方が現実的できないでしょうか。
当然こういった、祝い金の受け取り方法は、大学入学前に一回で全額受け取る方法よりも、祝い金とか学資金の受取総額は少なくなります。

 

次に契約者に万が一があった場合には、毎月の保険料の支払いは中断されますが、お子様が22歳になるまで育英年金を毎年受け取れます。当然、入学祝い金と満期学資金がそのまま受け取れます。

 

更に、お子様のお体のことが心配であれば、「こども医療特約」を付ければ、ケガや入院といった病院にお世話になる時も安心です。
特に手術に関しては、最近の大人用の医療保険の手術給付金が低くなっている傾向の中、しっかり保障してくれる(入院日額の10倍20倍40倍)ところはいいと思います。

 

尚、契約者配当金のことがパンフレット等に書かれていると思いますが、この低金利時代には学資保険での配当金はあまりあてにはならないと思います。