三井住友海上あいおい こども保険

三井住友海上あいおい生命 「& LIFE こども保険」

三井住友海上あいおい生命の「& LIFE こども保険」は、お子様(被保険者)が0歳から3歳までにこの学資保険に基本保険料を100万円の契約をした場合、小学校入学時に10万円、中学校入学時に20万円、高等学校入学時に50万円、大学入学時に100万円の保険金が受け取れます。

 

更に「こども医療特約」を付加しますと、満期の22歳まで一般の医療保険と同じように入院日額がいくら、と手術に入院日額の10倍、20倍、40倍の金額の保険金が受け取れます。

 

更に怪我による通院が入院日額の半額が支給されますので、実際にお子様に多い怪我や骨折によるリハビリや通院なども保障されています。
他の学資保険と比較して、最も特徴的なのは被保険者であるお子様の加入年齢なのですが、なんと出産予定の5か月前からこの保険に加入できるのです。
但し、被保険者(お子様ですね)がこの世に出てから被保険者として認められますので、お母さんのおなかの中で万が一が起きた場合は保険対象になりません。

学資保険ではないんです。

よくある学資保険は、例えばお子さんが18歳になるまで250万円の保険料を支払ったら、270万円になって戻ってくるような、保険料総額を上回る学資金が返ってくるのですが
子供保険は、保険料が《生命保険としての保障》+《学資金の積み立て》に分かれているので、支払い保険料総額を下回るお金が返ってくることになります。

 

注意して頂きたいことは、「こども医療特約」は生後15日以降に追加で特約付加をします。
また、出産予定の5か月前から被保険者は保険加入できますが、実際にお生まれになったときに確実に連絡をしてください。

 

また、この内容で契約者に万が一があったときは、勿論毎月の保険料の支払は止まりますし、毎年60万円すなわち毎月で換算すると5万円の養育費(この商品的には「養育年金」といっています)という形で保険金が支給されます。
契約者はお父様でもお母様でもお爺様でもお婆さまでもいいのですが、契約に万が一があった場合の「国」からの保障(遺族年金)も考えると、やはりお父様…といったところが安心でしょうか。

 

また、学資保険にはホームページには記載されていませんが、「無料育児相談サービス」が付加されています。
初めてのお子様の誕生にあたり、通常の育児や家計のやり繰り、そしてお子様の健康相談や将来の相談なども、とにかく「育児」についての相談が無料でできるのは心強いことですね。