ひまわり生命 学資保険

ひまわり生命生命の学資保険: 「こども保険」

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 「こども保険」はお子様の進学時にまとまった保険金が受け取れる嬉しい内容の学資保険です。

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 「こども保険」では、この保険金を「成長祝い金」と表現しています。
お子様が
小学校、中学校、高等学校、大学、20歳の成人時、22歳の満了時
と6回もの成長祝い金が受け取れます。

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の契約例としては、お父さんが30歳、お子さんが0歳の時に契約して月額保険料10,671円
22歳満了なので、10,671x12ヶ月x22年=2,817,144円の総額保険料で
成長祝い金は、小学校入学時に10万円、中学校入学時に20万円、高等学校入学時に30万円、大学入学時に40万円、20歳の成人時に50万円、22歳の満了時に50万円となっています。
特徴しては、この成人時の前年の12月に受け取れるということです。
実際にご自身のお子様が入学を控えていて、そろそろ準備しないと…と考えて行動するのは、この時期ではないでしょうか。

 

このように損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 「こども保険」は実際にお父様・お母様の家庭の準備のタイミングに合わせた内容となっています。

 

 

管理人個人の考え方ですが、額人は別のお子様の将来の必要保障額をしっかりと計算し、国からの遺族年金等の補助分を除いた不足分に対し、世帯主に収入保障保険で保障していれば「A型」にこだわる必要がないのではと思います。

 

最近の学資保険に見られるのですが、出産の140日前から契約ができる内容となっていますので、お子様の健康状態に関わらず保険契約ができるというのも、親御さんのお子様への「想い」が実現できるというものです。

 

 

最後にどの生命保険にも言えることですが、保険料の総支払額と総支給保険金との比較確認をしてみましょう。
生命保険は人生の中の買い物の中では家や車などのように高額商品です。
仮に原価割れをしていても、途中で万が一の時があった場合の「安心」保障を買ったと納得すれば損した感じはしないものです。
加入した生命保険の内容が契約者・被保険者の価値観や将来の予定の考えに合っていれば満足するのではないでしょうか。